都市環境計画研究所はECOを略称とし、都市計画専業のコンサルタントとして40年以上の歴史を持っています。
 弊社創立の特徴は、住民主体の都市計画を目指したことです。
"都市計画"が"まちづくり"とも称せらるようになった先駆けであったと自負しています。

 都市計画、あるいはまちづくりの目的は『人々の幸せ』とECOは考えます。
 実際にあるまち、すなわち人びとの営みと暮らしの容れ物という環境を、『人々の幸せ』のためどのように維持・運営すればよいかを大切にした都市計画・まちづくりを考えるということです。
 つまり、新しいまちの姿・形を先に考えるのではなく、人びとが今まで住んできたまちの姿・形を前提に、そこでのより望ましい人びとの営みと暮らし、さらに人びとの幸せな相互関係を考えます。その上でこれらを容れる器としてのまちを計画し、少しづつ、ゆっくり、丁寧に育ててゆくことがまちづくりに欠かせないことなのです。
 弊社は、「都市計画・まちづくりは人々の幸せのためにある」という理念のもと、人々と行政の橋渡し役を担いながら行政が行うまちづくりの支援に今後とも力を注ぎます。

  また、新しくはじまったエリアマネジメント(地域経営)といわれる住民自身が主体となったまちづくりの支援については、すでに弊社が軌道に乗せている商業系のエリアマネジメントから発展させ、将来は工業系、業務系、居住系のまちでエリアマネジメントを基礎とするまちづくりを支援していきます。

 このように発展するECOを今後ともよろしくお願いいたします。

代表取締役社長 泉 耿介